« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

2013.10.28 隔週音楽講座のお知らせ

隔週月曜日(原則として第2、第4月曜)に開催している、
聴音(音の聴き取り)+クラシック作品の楽曲分析のグループレッスンのご案内です。
聴音30分、楽曲分析30分で、
楽曲分析は参加者のご要望にお応えして、
これまでにモーツァルトピアノソナタ、ベートーヴェンピアノソナタ、バッハの平均律ピアノ曲集からフーガの作品をシリーズで楽曲分析してきました。
10月28日(月)
楽曲分析は、20世紀初めにシェーンベルク、ベルクとともに新ウィーン楽派として12音技法等、現代音楽の先駆けとなる新しい音楽を築き上げた、
A.ウェーベルンの

「弦楽4重奏のための5つの楽章」第5楽章

を取り上げます。
1909年に作曲されたこの作品は、まだ12音技法は使われていないものの、無調で作られた作品で、それまでにはメインとして使われていなかった弦楽器の特殊奏法を駆使して、新しい響きを追及したウェーベルン初期の作品です。
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
開講日:毎月第2、第4月曜19時半~
場所:宝台院貸教室(旧アソカ幼稚園)1階4部屋
受講費:1回3000円(聴音のみ、楽曲分析のみは1500円)
※初めての方のみ無料見学可
※開講日、場所は、場合によって変更する事があります。
参加・見学をご希望される方は、事前にお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »